-地域紹介-
 昔の若林村の中心部は、南切・北切・向切・中屋敷の4つの組に分かれており切の境には、それぞれ神仏が安置されていました。今も残されている阿弥陀堂の石仏は、中屋敷内にあり向切と北切との境に位置しています。
 この阿弥陀堂には、阿弥陀如来が祀られており、この地方では珍しい石像座像であり、病気・災害から住民を守る石仏といわれております。
 起源は鎌倉時代とも江戸初期(1636年)ともいわれ古い仏であります。この阿弥陀堂をお守りしておられる三浦家祖先故三浦清三郎さん、天保12(1841)年生まれ代々のいい伝え口説によれば昔の地蔵は盗まれて阿弥陀様に変えたと伝えられています
<「ふる里若林」より引用>